スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとマテ…貝…

先週末は干潟へ出撃!


とはいってもエイだらけの海へ突っ込んでいったわけではありません。



higata.jpg


昨年もこの時期に行きました。潮干狩り。
なにを思ったか、今回は二十歳になったばかりの娘も同行したいという。
いいじゃないの、ここのところサークルだバイトだ、と一つ屋根の下に暮らしていてもなかなか会話をできないシュチュエイションつづきだったから、たまにはおやじパワーを見せてやろう。がっつりアサリを採ってやろうじゃないか。

そして裏本命はこいつ。


mate2.jpg

はい。マテ貝。(実は裏じゃなかったり)
Webで調べたら、見た目はキモいが捕獲のゲーム性は他のターゲット(潮干狩りの)と一線を画すという。

ではどの様に採るのか?
まずは穴を見つける。ただしすべての穴がマテ貝の穴というわけじゃない。
達人は穴を見ただけでどれがマテ貝の穴かわかるというが私のようなマテ初心者にわかるわけはない。
ので穴を見つけたらシャベルで3~5cm砂を掬ってみる。それでも穴が残ったら片っ端から塩を入れるのだ!
マテ貝がいればジュワっと潮を吹いた後、水管をニョイ~ンと砂上に出す。
ここで慌ててはいけない。慌てて水管を掴みに行くと10中8,9は逃げられる。
トカゲのしっぽ切りの様に水管を切ってあっという間に潜ってしまうのだ。
なので殻の部分が出るまで我慢。出たら速攻で捕まえる。ここで躊躇してはいけない。
大事なのは一瞬のタイミング。

最初のうちは要領がわからずなかなか捕まえられなかったけれど徐々に慣れてきた。やってみればわかるが、ほんと採るのはサイコーにおもろい!
娘は砂から引っ張り出したそのビロ~ンとした姿がキモいといってまったく触れません(笑)


kai.jpg

なんじゃかんじゃ言いながらも二人で網2ついっぱいに採りました。(この網2つで4kg弱ありました)

mate.jpg


はじめて食べてみたけど味もVery good!


で話で話~





スポンサーサイト
コメント

マテ貝捕獲の動画を検索してみてたら…なんすか(笑)もぐらたたき引っこ抜きver.みたいなゲーム(^^)面白かったです

No title

こんばんわ~。
ご無沙汰です!
いいっすね~、「潮干狩り」
静岡では、浜名湖が有名ですけど、
アサリが減りすぎて、期間と採取量が制限されているみたい。でも、オイラも家族で行きたいな(^。^)

No title

テラオさん。
このエキサイティングゲームはシーバスにも匹敵しますよ。
1度体験することをお勧めします!

No title

an minnowさん。
浜名湖は潮干狩りで超有名ですよね〜
マテ貝は穴を見つけて掘る人と、塩を入れて採る人のチームワークが決め手です(笑)
是非ご家族で行くことをお勧めします!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。