スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南 西湘 サーフシーバス 夏の陣

8月上旬 湘南サーフ シーバス


夏のパターンを模索する中、仲間がついにキャッチした。
フィールドには仲間2名が先行、到着した時にはすでに3本目が水揚げされていた!
しかも90UP含み。やられた、車中一人反省会で酒飲んでる場合じゃなかった(笑)




25,8, 62c



それでも明ける前にはなんとか1本ひねり出すことが出来ました。62cm



8月上旬2 湘南サーフ シーバス

ぽつりぽつりだけどベイトの確認ができた。
あとはどのタイミングで魚が入って来るか、だけだ。
タイミングが合えば運が良ければ釣れるし、タイミングが悪ければほぼ釣れない(笑)
この日は1時間も撃たないうちに1回目のヒット!
しかしエラ洗いでバレた(T_T)
湘南サーフでは1回の釣りでそう何回もアタリがあるわけではないので、たった1度のバラしが限りなくホゲの扉を開く。
魚はいる、ポジティブに考えて気をとり直す。
2度目のアタリはその10分後位だったろうか。




25,8, 78c



ごく至近距離でヒット。いきなりの飛沫とともにロッドがひったくられる。イカ食いのシーバスはピックアップまで気を抜けない。78cm

完全に夜が明けた。
最近使い始めたルアーのスイムチェックを数投して納竿のタイミングにと考えていた。
最後の一投…のはずの何投目か。気になるピンからのドリフト。沖目でバスッ!




25,8, 78c2





2本目キャッチも、ほぼ同じサイズ。
夏シーバスは活性が高くファイトも激しくて楽しかった。







8月中旬 湘南サーフ シーバス

はたしてこれは夏のパターンに嵌っているのか
数をたくさん釣ってるわけではないので検証のしようも無いが
この日は運良くたったの1バイトをキャッチ出来た。




25,8, 88cm5



頭がでかい
…の、わりには短いか(笑)





25,8, 88cm3


計ってみると、んっ?けっこう長さもありました。


88cm。久しぶりのランカーサイズ。



25,8, 88cm2



エラ抜き後のデッドフィッシュになってしまいましたが一応ブツモチ撮り、細っそ(笑)




8月中旬2 湘南サーフ シーバス


ヒットのタイミングは割と早い時間帯でした。



25,8, 67c2


やや沖目のシャローで喰ってきた


25,8, 67c3



ベイトをたっぷり喰いこの時期としては充分に丸々としたコンディションの67~8cm。


そして明けてから反応したのはコイツ



25,8,イシモチ30c


一瞬ではあったが楽しませてくれたイシモチ30cm。コイツだって立派な湘南のフィシュイーターだ。

最近、釣り系SNSの影響かここ湘南の地もソルトアングラーさんが増えているようです。それに伴い釣り場や駐車ポイントでのゴミのポイ捨てが増えた気がします。(もちろんポイ捨てするのは釣り人だけではないけれど)
それは結果的に自分たちの首を絞めること。釣り人同士お互いに声をかけ合い、釣り場や駐車ポイントを汚さないように注意したいですね、もちろん自分も含めてです。



8月中旬3 湘南サーフ シーバス


前回、反応が出たのは比較的早い時間。
だからと思い眠い目を擦りながらいつもより早く出撃したのに、結局ヒットしたのは4時前。
こうなると何処のタイミングで喰ってくるのか?シーバスに聞いてみないとわからない(笑)



25,8, 56c2


沖のシャローでアタックしてきた。56cm。




8月中旬4 湘南サーフ シーバス


ずいぶん遠くにある台風の影響?
足元を掬われないように充分に気を遣わなければならないほど、波足が長くブレークも遙か遠くで崩れる状況でした。
キャストポイントに充分に注意を払い『その時』を待つ。
巻きこみながら手前に射してくる波が崩れるか崩れないかの微妙な瞬間、『その時』は来た。



25,8, 87c2


ヒットポイントは比較的立ち位置から近かったので、波打ち際での攻防はスリリング。がまかつのSPMHを伸ばしへし折った友に心の中でハグをした。このひと時が堪らないんだなぁ。


25,8, 87c3


ここにきてようやく湘南らしいコンディションの魚が出だした。


25,8, 87c


90いったかな?一瞬色めき立ったが…


…残念!数センチ足りなかった エェ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・



25,8, 87c butu


それでも波打ち際を縦に横に手こずらせた猛者とのゲームはサイズ以上に記憶に刻まれたと思う。




8月中旬5 湘南サーフ シーバス


この日もややうねりが残り風で表層がバサついていた。
こんな日のヒットポイントは沖目から波裏、どこでもヒットゾーンとなる傾向がある。
それでもヒットポイントを絞り込む事はある程度可能(と、勝手に思っている)。
そしてヒットしてきたのはやや沖目、想定していたゾーンだった。



25,8, 75c2


ファイトもコンディションもこれぞ夏の湘南シーバス。


25,8, 75c


ショートバイトがやたらに多くてバラシもあったこの日。

『釣果がでたのは神様からの恵み』
最近、釣友の一人がつぶやいたそんな言葉を噛みしめました。




8月下旬 湘南サーフ シーバス



この日は最初に西湘のあるポイントへ行ったが、実際にフィールドに行ってみると想像していたのとはまったく違う状況。
波の向きや風の向きのちょっとした違いでこんなことはよくあること。
これじゃあ出ないな。直感的にそう感じたので急遽東へ引き返すことにした。
そうはいっても肝心の時合いは移動の時間に費やしてしまい気持ちばかりが焦る。



25,8, 55c


出勤前釣行残りタイムリミットあと10分、ただ巻きで反応が出ないので無理くりシェイク!シェイク!


25,8, 55c2


ギリギリセーフ、何とか口をつかってくれた55cmのフッコ

もう少し判断が遅れたら獲れなかったかもしれない魚なのでとてもありがたかった。
これだから面白い、湘南サーフ シーバスゲーム!



で話で話~


























スポンサーサイト
コメント

デビルマンに告ぐ(^_-)

嗚呼…ああああぁ…アアアアアァ…(+o+)
こっちはすったもんだ そっちは釣ったもんだ
これが天使と悪魔の差という奴ですね…ああああぁ 私にもお恵みを

渚のエンジェルさん>すったもんだ??悪魔?何の事かわかりません(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。