スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010湘南シーバス祭り 念願のシーバスキャッチ

12月3日夜~翌朝 三浦

爆風の三浦半島でバホバホ(^○^)の予定でしたが・・・

12.4 カマス2

竿をだせるポイントを探すのに苦労するほどの爆風で見つけたポイントでようやくヒットさせられたのはカマスのみ。タラリ。
不眠で朝まで半島をうろうろ、他のポイントも撃ちましたがいつものトホホ。

どおいて・・・・!?
どおいてじゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁl~~~~~~~!!!!
 (徳川に討たれた龍馬風)


ぐれです、こんばんは。

12月4日夜~翌早朝 湘南 2010湘南シーバス祭り

当ブログのリンク先(湘南 西湘 シーバス釣行記-SandWalker)
でもありソルトルアーブランドのOak design luresのフィールドテスターでもあります久保田氏が主催の2010湘南シーバス祭りという1ナイトのシーバス釣り大会に参加させていただきました。

2010湘南シーバス祭りロゴ


渋渋で薄い魚影の湘南で切磋琢磨している湘南のシーバスマンのなかでもかなりの精鋭達が参加しました。2尾のトータル全長で競う今回のルール。前回大会が全エントリー中、フッコ1尾だった事を思えばなかなかハードルが上がっているのであります。
わたしは釣果云々よりも普段なかなか一堂に会することのできない湘南の仲間たちとお会いできることが楽しみ、って気持ちで参戦しました。

16時スタートフィッシング、翌6時ラスト帰着までの時間ルールだが私がスタートしたのはすでに3~4時間も後でした。
最近好調と噂のポイントへ行きましたがすでに複数アングラさんが入っておりゴールデンタイムには混雑すると予想し竿を出さずに移動。
次は初めて行くエリアのサーフに行ってみました。以前より気にはなっていたが駐車ポイントがわからずにやったことが無かったポイント。カーナビを頼りにPポイントを探索しサーフへ降り立ちましたがかなり沖から何段にもなって波がブレークしておりフルキャストしても半分も行きません。さすが人気のサーフィンポイント。
まったく釣れる気がせずに3キャストで退散(泣)

川へ移動。
詳細は伏せなければならないが激シブの難しいポイント。
しかしここでこの時期に釣れるシーバスは他では見られない個体がいるという。
ここで何本もそいつを釣っている名人に重要なヒントをいただくことができた、あざっす。

バシュッ!という捕食音がヒットの前兆だった。
コ・・という僅かなアタリを指先で感じ合わせをいれた。

12.4 78cm7



もっと大きく見えたが実際には 78cm。5㌔。
こいつに会いたくてこの地へ何度足を運んだろう。
ボカで吊るしてる写真からは分かりにくいが、横たわった姿は背びれをグイッと立てて背中が盛り上がり、釣りあげたばかりで怒っているせいもあってか、どちらかと言うとヒラスズキか?と思うほどの体高と厚み。
想像を絶する体型。

この後早朝までやったが早めに切り上げウェイイン。

1本のサイズでは全体の2番目であったが2尾総全長のルールのため総合で4位でした。
たくさんの賞品をいただきました!久保田さん、協賛の方々、ありがとうございました。
そして何よりたくさんの湘南アングラーさんとお会いできたことがうれしかったです。

2010湘南シーバス祭り

この日は運営に忙しくほとんど釣りはできていないようでしたがフィーモ(釣りコミュニティ)の大会では3度目の栄冠に輝きフィーモ仲間から手荒い祝福を受ける主催者の久保田氏。

よき魚とよき釣友たちとの楽しいひと時を心に刻んだ1ナイトでした。
感謝。感激。


スポンサーサイト
コメント

No title

お疲れ様でした&おめでとうございます~♪

いや~凄い体高のナイスバディですね(^O^)

いい賞品もゲット出来て羨ましいですぞ~♪

久保田さん

あざっす!

久保田さんが言ってた例のヤツ、ついに仕留めることができました!
話に聞いていたとおりスゴイ体型でした。
なんか大袈裟かもしれないけど神秘的で神聖なものに感じられ、いつも以上に丁重にリリースしました

賞品、素晴らしかったです!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。