スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西湘、伊豆。1日遊びきった夏休み

7月後半戦。

西湘サーフ。朝マズメはシーバスを狙う。
シーバスの反応は無くデカいミノーに果敢にアタックしてきたのはクロダイ。



27,7,1438165657983



その後Iさんと合流、ゆっくりと伊豆へ。
藪をこぎ、獣と共有する磯へのルートを下るとこれぞ伊豆磯!という感じの素晴らしい景色が眼前へと現れた。




27,7,P7284183



ここで狙うはシイラ、あわよくばワラサ。でも心の底ではヒラマサ出ちゃったりしないかな~…(という欲望は腹の底にこっそり仕舞い込む)
ところが時が経てども欲とは裏腹にシイラもワラサも、むろんヒラマサなんて奇跡が起こる事もなく
釣れたのはショゴ(笑)



27,7,P7284181



40cm台の後半だったのでお土産にキープ。
アタリも途絶え、頭に海水を被りながら灼熱の磯をあとにした。




そして午後の釣り。
少し車で移動。
この磯は以前、近くまでは来たことはあったが渡れなかった磯だ。



27,7,P7284187




エサ釣りをやっていた頃は泳いで磯へ渡るなんて考えたこともなかったが、いろんなスタイルの釣友と出会いさらに房総磯を経験してからはこういうスタイルもあるんだなと、視野が広がった。
(ただし絶対に無理はしない)

いきなりIさんの1投目にシイラがヒット!
私もダイビングペンシルをキャスト、ガンガンにシイラがチェイスしてくる。
80前後のサイズばかりなのでMCワークスにソルティガのガチタックルでは楽勝にブチ抜けてしまう。



27,7,P7284192


めちゃめちゃバラしまくる(笑)


奇跡を祈りながら最後の1投に気合いをこめる。




ラスト、ソーダ(笑)


27,7,1438067613761




午後2時半まで遊び倒し、これ以上やると熱中症になるので海へドボン。
釣果がすべてではない。要はいかに楽しむかだ。


Iさん、最高に楽しかったよ。ありがとう!


で和で和~




スポンサーサイト

モカの卒業式

先週ですがモカのパピークラス、無事に卒業出来ました~。

おすわり、ふせ、まて、つけ。ご褒美を手に持っているときだけは出来ます(笑)
ご褒美が無くても出来るようになるまで気長に躾けたいと思います。




mokaS__44244999.jpg


そして、足柄SAにあるドッグランにデビュー。
シュナちゃんを挟んで恐る恐るバーニーズちゃんにも近づきます。



mokaS__44245004.jpg



遊んでくだしゃい。


mokaS__44245005.jpg


ワァオ~!
楽しすぎて耳が跳ねてます!



mokaS__44245002.jpg





で和で和~





テーマ : トイ・プードル - ジャンル : ペット

西湘サーフ シーバス

南西風。
川の濁りが湘南西湘界隈のサーフを覆いつくしたこの日。
風、波、浮遊するゴミ、ベイト…さて何処でやろうかな。

現場に到着、先行者無し。
海は…いい感じ!
レンジを変えながら出そうな筋を何本か撃っているとついに
ドス!




15,7,79cP7194177




波裏でヒットしたのでさほどランディングに時間はかからなかったが、あげてみるとそこそこのサイズ。しかもグッドコンディションd(⌒ー⌒)!
メジャーに乗せて計ると、う~んおしい。80には1cm足りなかった(^^;

さて、この週末は台風の影響で海はどうなるでしょうね~

で和で和~




北海道 ブラウントラウト

北海道 ブラウントラウト

こんにちは、ぐれです。
月頭に北海道へ行ってました。
老々介護の両親を車で墓参りに連れていくための帰郷。
病院とデイサービスにしか行けない両親を、レンタカーに車椅子を積んで外へ連れ出した。
普段はそうそう行き来も出来ないのでちょっと心苦しかったが、孝行の合間に1日だけ釣りに行かせてもらった。



北海道で釣りをするのはホントひさしぶり。
子供のころ一緒に釣りをやった3つ下のケンケンが案内してくれた。
当たり前だがあんな小さかった腕白坊主が今は中年オヤジだ。
そりゃそうだあれから35年以上も経つんだから。
屈託のない笑顔は当時とまったく変わってないことに妙に安心する。

かつて子供だけでは行けなかった憧れのフィールド。
そして今は土砂崩れで道は塞がれ大人といえども簡単には近づけない。
ケンケンとその釣友がグーグルマップとGPSを駆使してルートを開拓、走破性能の高い四駆だけがその入口へ進むことができる。





buraunnP7044146.jpg


車を止めると静寂の森から鳥の声だけが響きわたる。
このあとに帰れるのか不安になるような道に突入(笑)
道の脇からは所々に美しく懐かしい渓流が見られた。



buraunnP7044147.jpg



buraunnP7044148.jpg


駐車ポイントから原生林に足を踏み入れる。
『駐車ポイント』といっても回りを見渡しても印となるような目ぼしいものは見当たらないが、いつも停めているのでココとわかるそうだ(汗)
まもなく底深い崖の淵に出た。



buraunn1436182037002.jpg


急勾配だが広葉樹林の根が火山灰土の上に養分たっぷりの黒土を蓄えているので、伊豆磯の岩肌を下るような恐怖心はまったく無い。
ロープを使って半分くらい下ると木々の隙間から蒼い水色が見えてきた。



buraunn1436180792384.jpg


週末の朝8時過ぎのこの場所には先客があったらしく、そこかしこに足跡が残されていた。たぶん蝦夷鹿が水を飲みに来たのだろう。
水面は魚や虫の波紋で生命感に溢れている。
時々それと思わせるようなライズも見られた。



buraunn6965.jpg


どこまでも蒼く深い。

ここから釣りをさせていただく。
タックルはケンケンのサブタックルをほとんどまるごと借りた。
本来、虹鱒、桜鱒、アメマス等が生息しているが近年ではブラウントラウトが幅をきかせているらしい。
自分がこの水系で釣りをしていた昔はブラウンはいなかった。
おかげで元々いた虹鱒等がずいぶん減って釣り難くなっているらしい。
外来種がネイティブ化してルアーフィッシングの対象が増えたことを単純には喜べない状況ではあるのだけど、そこは釣人。そこに魚がいれば釣りをせずにはいられないのです。



buraunnP7044151.jpg


波紋のあるところに適当に投げれば次々にウグイは釣れてくるけどトラウトは出ない。
シャローブレイクで木が生い茂って日陰になっている奥にルアーを着水させないとなかなかトラウトは顔を見せてはくれない。そこに朽ちた木でも沈んでいれば尚よし。

太平洋に向かってただぶん投げるだけの私にはなかなか巧いキャストが決まらなかったが、たまに決まるとブラウンが釣れた。



buraunn2015071009511900.jpg


慣れないタックルとはいえあまりに精度を欠くミスキャストが多過ぎてルアー回収のためポイントを潰しまくったがなんとか48cmまでキャッチ。
大型のバラシを含めバイトは多数。



buraunn7316.jpg



ケンケンはガイドに徹しほとんど投げなかったが、投げれば決まり55cmのブラウンを釣って見せた。


buraunn2015071114294200.jpg



手を濡らして冷やし、素早く撮ったらサッとリリース。


buraunn7314.jpg


この日ブラウン以外の鱒族は姿を見せてはくれなかった。
今度来たときの楽しみに取っておいたということで・・・



buraunn7318.jpg



素晴らしい景色がたくさんあったのに、釣りに夢中でほとんど撮って来なかったけれど心の中にはしっかり焼き付いている。




buraunnP7044163.jpg



老々介護は先が思いやられるが幼馴染との釣行が心を癒してくれた旅でした。




で和で和~












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。