スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シブシブ湘南でなんとか

  11月23日 湘南

 勤労感謝の日…誰も労ってくれないので釣りへ~ 

 ベイトッ気ムンムン、魚ッ気ムンムン。いただき?(笑)
しかしアタリは無い。すぐ近くで撃っている釣友さん2人はバシバシアタっている。何故でせう(笑)
でもシブいらしくなかなかキャッチには結びつかないらしい。
うち一人が帰るので立ち位置を譲っていただけた。

 流れあり、反転流あり。でそうだけどだいぶ潮位が下がってしまった。
そのうち、もう一人の釣友さんもあがってしまった(寂)

 もうちょっと撃ってダメならポイント変えようかな?なんて考えながらフローティングミノーを流していた…


  ボシュ!っとでました!

11.23 70c2


 70cm。尾鰭にキズを持つ手負いのシーバス。道理でシブいわけだ。さんざん痛い目に合ってきたのだろう。
1尾ではあっても自分にとっては良い獲れ方だったので満足して終了した。



  11月24日 湘南


 流れと変化のあるポイント。ベイトの溜まりやすい地形。前日の釣行からこの3点の重要性を再確認。
この日は岸際のベイトが終始ざわついている。
 まずめを待ち、ころ合いを見計らいシードライブを投入。手前のブレークで反応がでた!


11.24 58c2


 58cm。
イマイチ飛距離ののびないルアーだけど接近戦では独特の泳ぎでスレた魚に口をつかわせるのか。

その後いいサイズをかけるも、がまかつのMH#4フックを伸ばされ痛恨のバラシ!

 潮位がだいぶ下がって終わりかな~?ってところでフローティングにでたチーバス。


11.24 40c


 40ちょい。さっきのが獲れてればな~、って 『たら、れば』 をいってもしょうがないか。
でもこの日も前日と違った獲れ方だったのでとりあえずOKってことで終了。

 翌25日も調子に乗って出撃しましたけど3連休の最終日ということうを忘れてました。
いつもなら3~40分で到着できるポイントに2時間かかって到着。すでに終わってました(笑)


   で話で話~



Rod ufmウエダCPS9.6f EX-Ti
Reel DAIWA セルテート3000
ルアー コモモ シードライヴ


スポンサーサイト

湘南アングラーズパーリー

  またまた湘南の仲間のアングラー達と飲み会がありました。
(飯田さん、あざース)


  11.15 nomi


 ただの酔っ払い…

 現にこの時はただの酔っ払いでしたが…

 後ろの方にジャミラもいますが…(汗)

 イケメンもいます。真中にピースしてるオジサンもいます(笑)

 実はすごい人ばっかり。
でも、奢り高ぶることなく、仲間と釣果を喜びあえるホント気持ちのいい面々。。。

 技術以外にも人として尊敬できることが多い。
(ほとんど年下ばっかりなのに…見習わなければ)



 残念ながら今回飲み会に参加できなかった釣友の”てけさん”から

 彼が代表を務めるルアーブランド ヘビーソース ←クリック




 ヘビソ


 より、参加者全員にルアーのプレゼントいただいちゃいました~!

 他にはない独自の技術が詰め込まれてます。




  えっ?


 魚の絵は?って…^_^;




   …で話で話~






三浦半島 磯マル 

  11月2日


 夜、三浦半島へ出撃!

 下げ潮のタイミングでポイント入り。
ベイトがフィッシュイーターに追い立てられ始終水面が騒ついている。
岸ぎわまで追い立てて来るので、水面に自分の影を写し込ませたくない。
 立ち込まずに際から離れてキャスト開始。
しかし、ベイトに狂った魚をルアーに振り向かす事が出来ない。なかなか攻略出来なくて、立ち位置変えたり小移動繰り返しながら深夜日付け変わる前にようやく1本。



  磯マル



11.2 58c



 58CM。ちょっと控えめなサイズながら体高のあるいいサカナ。

 3日は湘南国際マラソンがあるので早く帰らないとめんどくさい

 足早に三浦を後にして帰り道、湘南で竿出してみたけどサメにハニトラ取られて戦意喪失で帰宅(T_T)



  11月4日


 3日夜、ちょっとだけ湘南で撃った後、またまた三浦半島へ~!

 この日も何かがベイトを追い回していた。
またしても反応出せないので飽きて(笑)車で移動してポイント開拓の旅へ。
スベる磯場、大汗掻いて歩き回った割にはあまりいいポイントは探せなかったが、地形わかっただけでも次に繋がる。


 またまた大きく移動して別場所を撃っていた釣友のぶちぶちクンと合流。
この夜は珍しく二人反省会。(いつものひとり反省会より楽しいなぁ)

 ヨダレたらして爆睡後に朝まずめの海へ。
明るくなる直前にスリットで小ボイル!



11.4 53c


  なんとかキャッチできた三浦磯マル

  磯マルには違いないが微妙サイズの53CM。


 そのすぐあとに、少し離れたところで撃っていたぶちぶちクンの前でいきなりベイトのシャワー!

 ~からの~~~ぶちぶちクンのロッドがギューーーーン!(カッコEー!)

ぶちイナダ


  イナダキャッチ!!


  なんとかお互いにマルホゲ逃れてよかったよかった(笑)


kazuya.jpg




      で話で話~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。