スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさの充実の週末 湘南リバー&サーフ&西湘マル秘ポイントでシーバスだ!

顔を洗いタオルで拭き取っていたらギッ首になりました。イタイ・・・

こんばんは、ぐれです。



10月21日 夜 湘南 川


ほとんど強迫観念のように出撃しました(^_^;)
わたしにとって、釣れない時は『いったい魚はいるのか?』
と、思うほど釣れないことが普通の湘南。
釣れるチャンスがあるときはとにかく行くことが魚に出会う確立を上げるのだ。

ちょっと出撃が遅れ時合いスレスレでした。

10,21 50cm2

50cm。フローティングには反応がでなくてシンキングミノーをしっかり沈めて早瀬の中から食ってきました。

10,21 50cm

どんどん流れが速くなり釣りにくくなりいろいろ試しました。
結局1時間半後に反応を引き出せたのはK-TENブルーオーシャンSを早巻き!でゴン!

10,21 57cm2

今度は少しサイズアップの57cmでした。
水は澄み澄み。

10,21 57cm

もうちょっと大きいのが釣りたいのが正直なところ。



22日 夜 湘南 川 

大潮の潮の変化は早く、潮位とこの日に行ったポイントのマッチングを外したみたい。ん~、難しい。
丸出ダメ男クンです。

23日 未明 西湘

このまま帰るのはもったいない。
西湘の猛者Gさんに合流させてもらい海の大物を狙ってみたが無念・・・不発!
風向き、波高、ベイト諸々のデータからGさんの読みで別ポイントへ移動。
あれれ、お仲間のHBさんもいました(^o^)

コンッ!と明確にあたりがでたがフッキングしなかったので針先を確認したらかなり甘くなっていました。すぐにバリバリフックのルアーにチェンジ。足下でガツッ!

10,23 55cm

55cm。タモを用意してなかったので波を利用して低い岩へ誘導、ヒヤヒヤしながらランディングしました。

10,23 55cm2

おもわずニヤケてしまいました(#^.^#)


同日 夜 湘南 川

また時合いを外した(ーー゛)
潮位低低。もうちょっと早く来ないとダメか…
あれやこれや試したが・・・バリッドにコンッ!
のらない。
すぐにもう一度コンッ!ググウ~~~ン!ん?変な引き。どうりで・・スレだ

10,23 37cm

37cmセイゴ。しかしスレって・・・。



24日 日付変わってすぐ 湘南サーフ

川はすぐに断念。遅い晩御飯(と言ってもラーメン、しかも大盛り・・・って歳を考えろよって話?)の後に仮眠、サーフへ移動。
シャローには適度なスープをつくりなかなかいい雰囲気。
黙々と小刻みにランガン。
シャローとやや深いところの境目くらいを撃っていたらガガガガン!

10,24 61cm

61cm。思ったより長さはなかったがサイズ以上にいいファイトをしてくれました。
まぎれもなく湘南らしいエエコンディションでした。

10,24 61cm3

おぢさん、またまたニヤケちゃいました

未明のうちに帰宅しいただきもののラオスのビアとミャンマーのウィスキーで勝利の美酒に酔いました。

ミャンマーW&ラオスB

サイコーです

スポンサーサイト

湘南リバーシーバス センサー起動



雨が降ると素早く察知する高性能センサーを頭頂部から前頭部にかけて持っているぐれです。


ここ2,3年で急速に発達してまいりました。


10月15日夜~深夜、18日 ユウマズメ 湘南 川 ・・・完全撃沈

19日 ユウマズメ 湘南サーフ  

好調とのうわさのサーフへ出撃。1バイトも得ることはできなかったが名〇さんとお会いでき楽しい釣行となりました。


20日 ユウマズメ 湘南 川

撃沈釣行が続きやや凹み気味でしたが頭頂部でテレパシーを感じ川へ(笑)

ドリフトしたシンキングミノーが手前のブレークにきたところでゴツン!

10,20 51cm 2


51センチ。久しぶりのお魚さんでうれしい

少し移動して沖目の筋へフローティングミノーをキャスト。円状に流れがでていい感じで張り気味にドリドリ~、でココン!

10,20 33cm

サイズダウンしてしまったが33cmセイゴ。

なんだかんだ6バイト1バラシ2キャッチでした。
魚が小さいのか食いが浅いのかノリが悪かったなぁ。

あ、腕が悪いのか・・・





嵐の大野クンに負けは認めるけど・・・湘南リバーシーバス

高1の娘が

嵐の大野クンの大ファン

少し嫉妬しているぐれです、こんばんは。



10月9日 夜 湘南 川

ウェーディングできる潮位を狙って出撃しました。
ちょっと早く行き過ぎてなかなか前へ進めず・・・
時合い待ちして進む。
流れがでてそれがルアーの射程圏内に入るとココン!とあたり。

10,9 セイゴ

あたってすぐに大きいサイズではないな、とわかってしまった。
40cm級。

まあ、出会えただけでOKなんだけど前日の感触が残っていただけに物足りなさは否めない。

そのあとも1度ヒットしたがエラ洗い1発でバレてしまった。

10,9セイゴ2

でもカッコつけないで正直にいえば1本釣れてくれただけでもうれしい
その後雨の中サーフもやったがアタリ出せず。


10日夜~翌朝マズメ

1か所目 次のポイントが気になり移動、アタリ出せず。
2か所目 時合いまで釣友とおしゃべりしながらあまり撃ち過ぎないように。釣友は帰り、いざ時合い!

水辺をジャリジャリいわしながらランプくん登場

『釣れますか?どうですか?』(ランプくん)

『いや~、まだ…』(ぐれ)

『下流側に入りますから!』(ランプくん)

言いながら10m下流に立ちこんでしまった。(汗

ボサに隠れてあまり撃たないように2時間も時合い待ちしていたのに・・・(泣

注意したがさらに10mくらい下流のところにモロに立ちこんだのであきらめて車で移動。(いや~、まいったまいった!)

3か所目 先行者無し。やった!

朝マズメの時合いを待ち、いざ!





『どうですかぁ~!』  (わっ!ビックリしたぁ)





なんか、聞いたことのある声?

でた!ランプくん!!!!!!

『いや…』(ぐれ)      ・・・ストーカーかっ!

またしても撃ちたかったところの正面に立たれ・・・終了。チーン!



ランプくんに負けた。



会いたかったー会いたかったー会いたかったー、Yes!!

さつま白波がうまい!


最近、健康に気遣いストレートからロックに変えました。
(健康に気遣ってんなら呑むなよ!って話だけどそこがほら依存症入ってるから)

ぐれです。

10月8日 夜 湘南 川


そんなこんなでカレー食って出撃しました。

際きわは流れなかったけど順番に際きわから撃っていく。
で、思った通り異常無しなので徐々に入水。
自分なりの攻める手順通り順番に淡々と・・・そして時には手を休め水面の観察。

ベイトは決して多い感じではないけどいるにはいる。
フルキャストで
深い→浅い→深い→浅い→自分の立ち位置

流れが出てるのが見た目にもわかるしルアーの引きの抵抗でもわかる。
手前の深い~浅いに差し掛かったあたりでゴン!
重々しい引きと巨体がゆえに全身を出しきらないエラ洗い。

きた!
しかしあまりのトルクに鯉かな?と。
でもシーバスっぽい。
ランディング体制に入りズリ上げようとするとまた、ジーーーーー!!かなり締めこんでるドラグが唸る。

やっぱ鯉か・・・








・・・・バシャシャシャーーーー!!!!

シーバスだ!

焦って取り込みが若干雑になったか!

パーーーーン! えっ!?

ロッドが・・・・・・!

10,8 87,5cm3

87,5cm。ボカで9,75lb(4,4Kg位)

なんとか取り込んだもののロッドは5ピースに(-_-;)


(泣)一瞬で3か所が折れた・・・

10,8 87,5cm

蘇生措置をして悠然と帰っていく彼に敬意を表す。
こんなドラマがまた訪れるのが楽しみだ。







パフュームのダンスにおじさんはグッとくるのだ!湘南セイゴっち

  パヒュームでぇ~す



 ・・・かわいい、可愛すぎる。


 ぐれです。



10月最初の土日から昨日の6日まで、それこそ千葉だ多摩川だ湘南だ~!と駆け回りましたが・・・・


10,6 セイゴ

とほほ・・・   おもいっきり空回り。


この相模セイゴちゃん1尾が唯一の釣果(泣)


いつもなら釣れてくれればOK!ってスタンスで釣りやってるけど

いくらなんでも、もうちょっとね




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。