スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放心×2

10月14日 川 異常無し(^_^;)


10月17日 伊豆 磯


前日夜からイシダイ師のK氏と伊豆入り。

もちろん自分はヒラ&青物狙い。

K氏が夜、石物の餌をゲットしている間ちょっとだけワームをチョンチョンしてみた。


namu.jpg

こんなのしか釣れん

そして恒例のビールと芋焼酎で作~戦ターイム!

で、爆睡zzzzzzzzzz

朝・・・・・・・・

サラシ無し(T_T)

si-kayakku.jpg

こんなにマッタリ

青物の回遊もナッシング

sao.jpg

途中、心が折れてシッタカを探したりして・・・

isigaki.jpg

K氏はしっかり本命をゲット!撮影後リリース。



10月18日 川


このポイントは高潮位につま先立ちツンツンしながらディープに突っ込む。

あとは比較的にシャロー。

適度に流れが出てきたところでTDソルトペンシルに


バシャシャシャシャーーーーー

と、でたがあっという間にバレました・・・・また・・・・



10月22日 サーフ&川 異常ナッシング(・へ・)



10月24~25日 磯


お昼過ぎに自宅を出発したが渋滞・・・・夕マズメ正味1時間だけできました。

inada夕方

ヒラのコンタクトは無くイナダ1本のみ

夜は時化で磯は無理、お手軽釣り場2か所を転戦。

そのうちの1か所で


コツ!ゴシャシャシャシャーーー!

その引きの強烈さとトルク、そして巨体ゆえにエラ洗いも全身を空中にさらすこともできないほどの重量感。

MOSSのバットががっしりと重みをうける。脇でロッドを支えるのがつらいほど。

途中、あまりにつらいので竿尻を腹に当て耐える。

かなりキツめに締めたはずのドラグもじりじりと引き出される。

2度3度エラ洗いをかわせたのでガッチリフッキングできている筈・・・・・・


であった。


グイグイMOSSを締め上げバットからベリーに芸術的な放物線をかかせたあげくプンッ!?

バレた(ToT)/~~~

初体験のランカーヒラとの格闘にしばし放心。

就寝前に恒例のひとり反省会&作戦ターイム!

で、爆睡。。。。。。。















ハッ!朝だ・・・やってもーた!

とっくに明るくなってる\(゜ロ\)(/ロ゜)/

しかも先に誰かに入られてるし!

場所をずらし撃って・・・・・ルアーを回収・・・・ありゃ先にある岩にひっかっかっちゃった!

どうにもこうにも外れないので右手にラインをぐるぐる巻きつけぐいっと引っ張った。


ポキッ!

ポキッ!? 気のせいかポキッて乾いた音がしたなぁ・・・

てトップが折れてるし(T_T)

またまた放心。。。。orz


ロッドを予備のものに交換ししばらく撃ったがアタリはない。

先行者は地元の方で

「あそこもいいよ」と別のポイントを教えていただいた。

たまたまずいぶん昔だがメジナをやったことがある場所のすぐ近くだったのですぐに車を飛ばしGO!

いっぱいinada

ガンガンにヒットしてきます。

面白いのでTDソルトペンシルでスプラッシュさせるとウジャウジャ追いかけてアタックしてきます。

一つのルアーのフロントとリアのフックに同時にかかるほど!

daburuinada.jpg

サラシでガンガンヒットするので引き味もかなり楽しい(*^_^*)

15,6本釣ったところでまだまだ釣れたが釣ったイナダはほとんどダメージが大きくこれ以上キープしても近所にも配りきれないので終了とした。

帰ってからMOSSの保証書を見てがく然!



免責22800円也・・・・orz

とほほのほーーーー(TOT)



スポンサーサイト

川チーバスの試練は続く

10月10日夜~11日未明 湘南 川




ベイトチェック・・・まだいました。

しかしまだ水位が高くあまり立ちこめないので手前のかけ上がりからチェック。

するといきなりゴン!


70bora.jpg

ボラですが^_^;

70cmくらいあり結構トルクフルでした。

その後同サイズのボラを追釣。

シーバスのアタリはありません。

その後下げが効きだして水位が下がりだしたのでウェーディング開始。

遠投してシャローを狙ってみた。


バシャシャシャシャーーー!

元気一杯のチビが食ってきました。

tibi38.jpg

ははは・・・38cm。

ちびすぎ!

で、もう1度同サイズをかけるもバラシてしまいました。

まだまだ自分にとっては手探り状態の川シーバス。1尾ごとに得ることはあります。

とりあえず型をみれただけでも恩の字です。




11日夜~12日未明 川

よくやるよ・・・の3夜連続釣行。

この日はベイトの付き場が変わってしまったのか?ベイトが昨日までいた場所にいません。

しかし沖のシャロー帯にはいるんじゃないか?

回遊があるんじゃないか?

で、気がつくと3時過ぎまでノーバイト撃沈(+o+)

終了となりました。

ははは・・・(ちからなく)

これで、いいのだ。

9月30日~10月3、5日



サーフや磯へなんとかシーバスの顔を見たく出撃を重ねましたが・・・・

サーフではシーバスのコンタクトは得られず、磯では強烈な波のうねりに耐えながら頑張ったがヒラからのたった1度のコンタクトをモノにできずランディング直前のバラシ(T_T)


nami.jpg

このサラシにおさらば・・・

1本取り損ねたオリジナルアルミ貼りDB


DB.jpg









これは{安物買いの銭失い}の典型例

数回、使用しただけでボロボロ・・・・

この磯シューズの前に買ったモノもやはりスパイクが足の裏へ付き上げて痛くて履いていられなくなった・・・・学習しなさい!俺。


isogutu.jpg



10月9夜~翌未明にかけて川へ出撃!



kawa tibasu

台風18号の影響でかなり増水したらしい。

まずはベイトチェック!

ん~、いなっこがかたまってます。

ほな、やってみまひょか~(^-^)

で、やろうと思ったらウナギ師が下流にむかい放射状に仕掛けをだしている・・・・・

だめだ、移動、移動。

草むらにはかなりのゴミが・・・ここまで水位が上がったなんて(・_・;)

しかし移動した先も先行者がいて叩かれた後。

しょうがないので戻って先ほどのウナギ師から少し離れたところから撃とうと思い戻る。

・・・・・んが、6人入ってます(ー_ー)!!

ポイント移動。

Rさんが先行、アタリはあるらしい。

よさげなポイントへ入れてもらいました。

しかも流れが出てきました。

すでに1本別ポイントで獲ってるK魔人も登場。

するとK魔人、サクッともう1本(゜o゜)

自分は・・・魚っ!と思ってゴミとやり取り…

シーバスか?もしかして鯉?ってなトルクフルなヤツをかけたが即バラシ!

その後Rさんもシーバスキャッチ!








ひじょーーーにヤバいのねんの念



オレだけ釣れない?・・・・・・・・




ぶるぶるぶるぶるっ(-"-)

ここでおふた方は不穏な空気を読み先にお帰りになられた。。。




「これはマズい・・・・」




















必死の形相を神は見ていたのか!


40kawatibasu.jpg








は~~~~~~~~~、死ぬかと思った(+o+)

なんとかチーバスゲット。40くらい・・・・

丸ボーズだけは逃れました。

途中少しの移動時間も含めると7時間もほとんど休憩取らずに投げ倒し・・・・ものすごく効率は悪いが小さくても釣れると釣れないでは


天と地・・・・・・・・・






これで、いいのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。